Memories of Ajewarlae

 

1.

Mother and Child at Seascape

1989, back when I was still in elementary school, my family and I visited an island called Ajewarlae. Since it was our first trip outside of Japan, I remember my parents studying the Ajewarlaen language day and night.
  My sister was only four or five years old at the time. She doesn't remember a thing. My memory is also vague but I remember there were abnormal amounts of dogs on the island.  There were dogs all around us when we landed in the airport --unchained and without leads. I was afraid at first in fear of being bitten.


We passed by the beach on the way to our hotel.  As expected, there were many dogs there as well. My mother picked one of the dogs up and after playing with it muttered, “I wish this was a cat island instead.” My sister kept chasing the dogs but she gave up after they ran away from her each time. A continent could be seen across the horizon and my mother said, “could that be the Soviet Union?”


The sky then looked like it could rain any moment while the murky black sea put out an odor similar to that of a leek --it was extraordinary, to say the least. Feeling uncomfortable, my sister and I told our father, “let's go, ”But he gave no response, our voices possibly muted from the resounding waves. Finally, he stretched his body outwardly and only said,“ I'm so glad we came here. ”



2The Person with Red Spots and an Unknown Bird / Twilight Dog

 
On the Ajewarlae island, we stayed at Hotel Canary. I heard my father say it was the best hotel in Ajewarlae though it cost the same as a canned juice in Japanese yen. At the reception, I saw my father talking to a man with red spots on his face. Atop the reception table was placed a birdcage with a bird inside that was clearly not a canary. It swayed slowly in the cage.
 

When my father finished with the reception, he received the keys and led us to our room. As we were making our way through the hallway he said, “the receptionist said to never go out after seven at night and when it is raining. But “At least there's nothing wrong with the hotel,” my mother cheered him up. ”He looked a little disappointed.” To be honest I couldn't understand half the things he said.

The sun was going down but we decided to take a stroll just outside the hotel since my sister complained of not being able to touch any of the dogs.
  The black sea was calm. It was illuminated by sunset which reminded me of a dark mirror rainbow.

It was almost night time and there was no one else on the beach. Whenever I remember this trip, I do not remember anyone but my family sharing the landscape. Maybe certain people erase their existence from old memories. Perhaps this is not a phenomenon limited to Ajewarlae.

3. Hotel Canary

The next day, we stayed inside the hotel room.
  In spite of the sunny weather, it was pouring rain. Earlier, my father attempted to go outside, but the hotel staff had stopped him. 

I was feeling anxious about the bizarre weather. My father was the only one out of the family strangely excited. “This is what makes this island so unique!” He exclaimed as he looked out the window. Out of pure boredom, my sister and I continued to use the bed as a trampoline, and when we got bored of that we competed on who could pretend to be a better corpse on the floor. My mother got fed up with us and bought us playing cards from the lobby. Yet, we didn't know any rules to card games so we randomly decided strong cards and made the cards fight each other.
 

It continued to rain all through the night. As it got dark outside, so did our room because nobody had bothered to turn the light on. My mother and sister had fallen asleep with the latter sprawled face down on the floor amongst the playing cards. “Why don't you sleep?” I asked him but there was no reply. Only the sound of rain echoed. Enclosed by darkness, I felt as if my family had turned into a bunch of unresponsive corpses. I panicked and tried to bring myself to sleep but no matter what I did my eyes remained awake.
 

4.The Silver Man / Karwaminoha


The sun was out the next day so we went out to explore the island. We soon found strange photographs stuck in various places on the island. These were called “Karuwaminoha”. It was a photograph of a clay doll, resembling a polished frog, striking a pose in front of a flower-patterned cloth. We were told that a few years ago these dolls were popular toys among children who would play with them outside.

Later on, I researched the context of these photographs. It turned out there was an incident on this island in which children who had possession of these dolls disappeared in masses. Since then these dolls were viewed as cursed and adults would burn them right away when found. At one point this “Karuwaminoha hunt” escalated enough that the shop that made these dolls were turned to ash as well.
 

Rumors said the “Silver Man” snatched these children away, or they said the doll has hypnotic powers to make the children sleepwalk to the unknown. Wherever lies the truth, there was a sudden drop of the population in children close to my age on Ajewarlae ..
When I talked to my father about this he only laughed and said, “I would have loved to obtain such a rare item!”

Now that I look back, I find it strange that so many children disappeared on such a tiny island. I'm sure if the adults of the island worked together, they could have found the missing children. The name “Karuwaminoha” was not the doll's original name. It is the word for “death” in the Ajewarlae language.
 

Five
   Doggy Style Dog Fur


One of my most vivid memories was of an institution that housed numbers of dog breeds just like a pet shop. Similar to a dog shelter in Japan, it was hard to call it a tourist site. But unlike a dog shelter, the dogs brought there Due to this shelter, most of the dogs on the island were not violent, but kind --or should I say, hollow?


“The wild dogs don't bark, huh?” My mother said. It was true, they didn't bark.
On the way back my father remorsefully said, “this is just like Romeo and Juliet.”
 
“That's true,” my mother seemed to agree from the bottom of her heart. To this day I do not know what part of this was exactly Romeo and Juliet, and even when I asked my father about it recently he only said, “I never said such a thing. You must be remembering things wrong. ”I have no way to find out whose memory is correct.


6 Searchlight and the Night

That night, my father proposed we go and see the stars. “But we mustn't go outside, right?” My sister and I asked hesitantly. Yet my father answered, “there shouldn't be a problem.” My mother seemed to have thought it was a good idea as she said: “I'm sure it's pretty.” I noticed the landscape out the window was absolute darkness so I stood my ground but my parents soon declared to leave me behind if I didn't go with them, so reluctantly I followed. I did not want to be alone in the room with the creepy yellow bird figurine atop the television.
 

We found the lobby deserted and the red-spotted receptionist nowhere to be found. “Let's go through the woods. There might be something interesting,” my father said. The forest was strangely quiet. Not even the sounds of insects could be heard. My sister seemed to be free of fear as she kept playing with her flashlight --swinging it like a searchlight. Shapes of sleeping dogs, flowers, plants, and other unidentifiable creatures were illuminated one by one by the light.
 

Just then for a split second, I saw a person clinging unto a tree doing something. My family didn't notice. I knew then that I had seen something that I was not supposed to see. I immediately clung unto my father, shivering and keeping caution as I kept up with my family. I wanted desperately to tell my family what I saw but no voice came out.
 

At last, when we came out of the woods, a starry sky like I had never seen before filled my vision. I was still frightened and kept quiet as I kept clinging onto my father. My mind was elsewhere.
  “Hey, what are you still up to? I told you there was nothing to worry about. On the other hand, look at the beautiful sky!” My father exclaimed. With the starry sky behind him, my father was like a huge mass of shadow.


7 Memories of Ajewarlae

More than twenty years have passed since the trip. I had completely forgotten about it had I not heard the word “Ajewarlae” on the evening news recently.
  As I dig into my memories, I realized I have no further recollections from the point where I saw the person in the woods. But I do remember how purely frightened I was and the furious longing to retreat home, as well as the relief I experienced beyond words when I returned home safely. 

The contents of the news went like this: a good amount of dogs had been found in Russia, coasts of China, and even Hokkaido who's believed to have gotten there by crossing the ocean. The dogs were found weak and worn out due to the excess With evidence of DNA and water currents, it was revealed that all of these dogs came from the island of Ajewarlae.

Because of this controversy, a field survey was commissioned. It was completely desolate --they found no one on the island. The buildings on the island remain, but no clothes, daily commodities, nor even one strand of human hair could be found.
 

English Translation  : Sara Giusto Yasunaga

 

 

Memories of Ajewarlae

1

Seascape mother and child

In 1989, when I was still in elementary school, my family went to an island called Ajiwarura. It was my first trip abroad, so I remember my father and mother studying Ajiwarura's words very hard. My sister is only four or five years old and seems to remember almost nothing about that time. My memory is quite vague, but I remember it was an island with a lot of dogs. When I left the airport, there were stray dogs all over the place, and I was afraid that I might be bitten because there were no leads or chains, so I was pretty scared at first.

 

I went out to the sea on the way to the hotel. There were still many dogs on the beach, and when my mother held one of them, she said, "I wish I had been a cat island," after a brief sigh. My sister was chasing the dog, but each time the dog ran away quickly, it seemed that she couldn't be caught and was frustrated.

A continent was faintly visible in the distance, and my mother said, "Is that the Soviet Union?" The sky seemed to be raining at any moment, and for some reason it was a strange sign with a pungent odor similar to green onions emitted by the black sea and moist air. My sister and I became anxious and said to my dad, "Let's go now", but I didn't get a reply because I couldn't hear the sound of the waves. Said.

 

2

A person with red spots and an unidentified bird / Twilight dog

I stayed at Ajiwarura at a hotel called "Hotel Canary". My father said, "It was the best hotel on the island, but the accommodation cost was about juice in Japanese yen at that time." There was a person with red spots on his face at the reception, and his father was talking to him about something. There was a birdcage on the desk, and an unidentified bird, apparently not a canary, floated quietly.

 

After talking, my father received the key and guided everyone to the room. As I walked down the hallway, my dad said, "I told him I shouldn't go outside after 7 pm and when it's raining, but to be honest, I didn't really know what I was saying." It looked a little depressed. "But it's okay because I can stay properly," my mother comforted.

The sun was setting, but my sister often regretted not touching the dog during the day, so I decided to take a walk around the hotel for a short while. It was like a dark rainbow mirror, illuminating the calm sea at sunset. No matter where I walked, the dog was looking at me, and my sister was happily stroking the dog, looking sideways at my mother, who was tired of it as soon as she said, "Ah, I'm just a dog." The dog didn't react to it and just looked at me in a daze.

 

There was no one on the beach. Maybe it's almost night, but when I remember this trip, for some reason there are few people other than my family in the scenery. Perhaps this is not just about Ajiwarura, but people may disappear from the scenery of old memories.

3

Hotel Canary

The next day I was in the hotel room all the time. It was completely sunny, but it was raining heavily, and when my father tried to go out, the hotel staff said, "Never go out," and he was nailed quite strongly. I was worried about the strange weather I had never seen before, but only my father was dissatisfied and said with excitement, "This is the real thrill of this island," and looked out the window endlessly. Was there. My sister and I were so free that we danced crazy on the bed, and when we got tired of it, we were playing a "corpse mane game" on the floor, but my mother who couldn't see it was playing a card game in the lobby. He bought something like this. I didn't understand the rules at all, but he bought it for me, so I managed to decide the strength of each card and played in a battle format.

It was still raining at night. Nobody turned on the lights and there were no street lights, so the room went black as the outside got dark. My mother kept sleeping, and my sister slept on her stomach, covered in cards. Only my father was still looking at the darkness outside, and asked, "Why don't you sleep?", But there was no reaction, only the sound of rain echoed. I was so scared that everyone stopped saying anything like a real corpse in the dark, and I thought I'd fall asleep early, but my eyes were clear and I couldn't sleep easily. ..

Four

Silver Man / Karuwa Minoh

The next day it was sunny so I was able to take a walk around the island. Strange pictures were posted here and there on the island. This was called "Karuwaminoha", and a shiny clay doll like a frog was proudly posing against the background of a cloth printed with a flower pattern. I heard that it was a children's doll that was very popular in Ajiwarla a few years ago, and many children at that time were playing outside with this doll.

 

So when I later investigated why the photo was posted all over the island, I found that it was because there were a large number of children with it disappearing. Since then, this doll has been treated as a rather ominous one, and as soon as it is found, it has become a rule that adults must burn it. It seems that this "Karuwaminoha hunting" was overheated for a while, and even the workshop that made it was burned.

 

Rumor has it that the "silver man" takes the child away, or that the doll's magical nature causes the child to fall into a hypnotic state and go somewhere like sleepwalking. For this reason, it is said that the population of the same generation as myself in Ajiwarura is extremely small.

 

When I told my father about this, he said with a laugh, "I wanted to get somehow a rare thing with such a word."

 ​

Looking back, I wonder where many children disappeared on that small island. It is likely to be found if all the people on the island search for it. "Karuwaminoha" is not the original name of this doll, but a word that simply means "reaper" in Ajiwarura's words.

Five

Doggy Style ✳︎ Dog Fur

The best thing I remember was a facility with lots of dogs, where there were all kinds of dogs like a pet shop. When I think about it now, it's quite doubtful that it was a tourist destination, and I think it's quite similar to a health center in Japan, but in reality, the opposite is true, and dogs brought from somewhere are inspected and educated here. After receiving the training, he was supposed to leave for the field energetically. So many of the stray dogs on the island weren't ferocious, they were all kind, or rather hollow. My mother said, "Where is the dog on this island really not ringing?" It certainly didn't ring.

On his way home, his father muttered sadly, "This is like Romeo and Juliet." My mother seemed to agree with me, and answered, "That's true." I still sometimes wonder what that was "Romeo and Juliet" for them. When I asked my dad about it recently, he said, "I didn't say that. You have something wrong with your memory?" Now there is no way to tell if it's my memory mistake or if my dad just forgot.

 

6

Night and searchlight

That night, my father told me to go see the stars. My sister and I asked, "You shouldn't go out, right?" But my dad said, "Well, that's okay." My mother also seemed to be enthusiastic, saying, "It's absolutely beautiful." When I looked out the window, it was so dark that I was determined to resist, and if I didn't come, I would leave it, so I decided to stick with it. Even the yellow bird on the TV felt scared and I didn't want to be left alone in that room.

The lobby of the hotel was a temple, and no one had red spots during the day. "Let's go through the forest because it's a big deal. There may be something interesting," he said. The woods were strangely quiet and didn't even hear insects. My sister said she wasn't afraid of anything, and was playing around with a flashlight like a searchlight. Sleeping dogs, flowers, and various other kimonos appeared fragmented in the light.

At that time, I saw a person clinging to a tree and doing something in the depths of the forest for only a moment. The other three were unaware. Knowing that I had seen something I shouldn't have seen, I immediately clung to my father and quivered, worrying about his back. I wanted to tell them that I saw a person, but I couldn't make a voice.

When I finally passed through the forest, a starry sky that I had never seen was spreading. I was still scared and kept silent while clinging to my father. It wasn't a star. "Hey, what's the matter? Nothing happened, but it's a beautiful sky," he said. With the starry sky in the background, my father was like a big black shadow mass.

7

Memories of Ajiwarura

It's been over 20 years since that trip. It was only recently that I remembered the trip, and until the word "Ajiwarura" appeared in the evening news, I was almost out of consciousness.

Then, when I traced my memory, I realized that I didn't remember anything after seeing people in the forest. I still remember the hellish feeling of being frightened by the face I saw in the woods and longing to go home, and the tremendous relief I had when I returned home safely.

 

The reason why Ajiwarura was in the news was that there have been many cases of dogs swimming in the sea recently to the coastal areas of Russia and China, and even to Hokkaido. Although the dogs are debilitated by long-term dog paddles, they generally arrive alive and are now protected in their respective countries. In addition, it was clarified that all dogs are drifting from the island called Ajiwarura from the relationship between the DNA and the ocean current.

 

As a result of conducting a field survey in response to this, it was found that there are currently no humans on the island, and that it is completely empty. Moreover, the building itself was nothing left, and it was not possible to find even a single piece of human hair, let alone clothes and daily necessities that were traces of people.

T:結構中身濃かったなあ1時間かあ。 


A:まだ1時間くらいしかしてないの?2時からじゃないの?


T:ん、ちょっとね、この前と一緒でファンタム電源がさ、5・6番しかささんないの忘れてて、1・2にずっとさしてて、 


A:ああ、やり直したんだ。


T:いや音が鳴らないと思って、で、ずーっと試してて、この5・6にささないと音ならないっていう、これめっちゃわかりにくいから、今度マスキングテープか何か貼っとく。マジックで書いておいてもいいかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

A:今お店やってないの?


T:開いてはいるけど、別に誰も来ないよ、多分ね。 


A:え、なんかコーヒーとかは部屋にあるやつ?


T:あ、Rちゃんに言ったら出してくれるよ。飲めるよ別に。 


A:いくら?300円とか?


T:まあ300円くらいでいいよ。ほんとはもうちょいするけど。 


A:いや普通の値段でいいよ(笑)。


T:じゃあもう俺に作ってもらったら? 


A:じゃあ部屋にあるの飲もうかな。


T:いや、ここで、ここの入れてもらったら? 


A:いや、うーん。


T:そう? 


A:え、いるの?


T:いる。呼んだら。これもう1個作ってもらっていいですかって言ったら、いいと思うよ。 


A:それは紅茶でしょ?え、これコーヒーなの?


T:これにこう入れてから。 


A:じゃこれ持ってけばいい?


T:うん。もう一杯お願いしていいですかって言えば、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( S着席)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


S:休みました。


T:はい。


S:はい。


T:相当中身がねえ、濃かった気がする。濃度がこすぎて今俺、1時間しか経ってないけど、もっと長かった気がする。


S:そうですね。なんか普段は別にあんま喋らないことです。今のは。


T:いいよ。後でカットできるから。


S:そうですね。あんまり、


T:?≧莠コ、縺後、まぁ、?√>


S:阪??阪???∝、?蜈・縺?


T:縺?≧邨??繧呈嶌縺薙???縺吶??縺??縲√◎繧繧阪??阪???∝、?蜈・縺??縺??縺九i繧???


S:縺??縲√◎繧繧阪


T:縺」縺ヲ縺?≧莠コ、縺後、、?√>、縺ヲ縲√。∪縺繝サ繝サ縲ら官?√〒縺、吶¢縺ゥ縲ゅ◎縺ョ。コ縺後?∬ェ俶巨縺 、後、?√>、縺ヲ縲√。∪縺繝サ繝サ縲ら官?√〒縺、吶¢縺縲ら官?√〒縺、ゥ縲ゅ◎繝サ吶¢縺ゥ縲ゅ◎縺ョ。で、


S:?≧莠コ、縺後


T:ソ代¥縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・?√〒縺、ゥ縲ゅ◎


S:縲√。∪縺繝サ繝サ縲ら官?√〒縺、吶¢縺ゥ


T:??縲√◎繧繧阪??阪???∝、?蜈・縺??縺??


S:?≧莠コ、縺後、まぁ、?√>


T:縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・縺ョ譁


S:励、◆迴セ蝣エ縺ィ縺九。で、′縲√°縺ェ繧願ソ代¥縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・縺ョ譁ケ縺、ォ縺ゅ▲縺ヲ〒縲々XX縺ォ髯舌i縺壹?√


T:縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・縺ョ譁ケ縺、ォ縺ゅ▲縺ヲ〒縲々


S:九s縺ァ縺吶h、縺ュ縲ゅ〒繧ょ?莨。


T:′縲√°縺ェ繧願ソ代¥縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・縺ョ譁ケ縺、ォ縺ゅ√◎繧繧阪??阪???∝、?蜈・縺? 吶h、縺ュ縲ゅ〒繧ょ? 、′縲√°縺ェ繧願ソ代¥縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・縺ョ譁ケ縺、ォ縺ゅ▲


S:阪??阪???∝、?蜈・縺


T:縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ


S:縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵


T:ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺


S:、?√>、縺ヲ縲√。∪縺繝サ繝サ縲ら官?√〒縺、


T:、縺ュ縲ゅ〒繧ょ? 、′縲√°縺ェ繧願ソ代¥縺ォ縺ゅ▲、縺ヲ縲ゅ〒縲∵、ュサ菴薙縺ョ螂・縺ョ譁ケ縺、ォ縺ゅ▲


S:すごいですねそれも。


T:結構そういうことあるね。調べればわかることをずっと調べないとかはすごいある。


S:ああ、でもそれはすごくわかります。結構僕は調べちゃうんですけど、本当は謎のままにした方が面白いこともあるよなっていう。謎を謎のまま放置するっていうか。


T:そうそうそう。


S:だから、謎のままになっちゃう。でもそれが何か、いい場合もありますよね。


T:いい場合もある。で、調べても絶対に、最終的にも調べられないやつとかはすごい好きなんだよね。ずっと調べられるみたいな。調べても、絶対わかんないようなっていうやつ。


S:いいですね。神話とかはそういう類のものですよね。


T:そうだね。調べても。もう証人もいなければ、誰が書いたかもわかんないとか、


S:解釈とかはいっぱいいろんな人のがあるかもしれないけど。


T:でもその人も知ってるわけじゃない。思い込んでるだけ。解釈がいっぱいある状態って、すごい好きなんだよね。何か神話とか宇宙人とか幽霊とかの話は、解明されないで欲しい気持ちはすごいある。でもわかっていっちゃうときは、来るのかなと思うけどやっぱり。


S:・・・確かに。謎。しかも、情報量があるといいですよね。そのものに。まず時間が足りないとか、調べようとしても。


T:うん、それすごく、いいよね。・・・倉田くん、じゃあさっき動物の話だったけど、そういう神話みたいなのは何か、関係あるのかな。動物とそれは関連は特にしてない?


S:あー・・・そんなにしてないかもしれないですね。神話的な意味を使ってるわけではないですね。


T:何か、感覚的に。


S:選んでる。神話をベースにすると、解釈の世界になってしまうと思うんですよ。意味づけをそこに、頼ることになってしまうから。それはあまりしないです。


T:・・・OK。


S:OK。そうですね。どの神話なのかとかもあるし。


T:うんいっぱいあると思う。


S:・・・・・・・・・・これ僕のですか? 


A:(聞き取れない声)


T:ああ、そうだよ。


S:(Sコーヒーを飲む)・・・・・ゴクリ・・・・・・。


T:・・・・・・・・いろいろね、あるんだけど、別に無理やりはやんないかな。


S:何かメモとかがあるんですか?


T:・・・・・・ある。・・・・でもねー絵の細かい話・・・・・・1個ずつすごい本当はできるんだろうけどね。


S:そうですね。しようと思えば。


T:しようと思えばできちゃうんだよね。


S:・・・・・・・でも、例えばこの展示の話とかも、自分なりにはいろいろ、理由とかもあったりするんですけど、まぁするとなんか、そう見なきゃいけないみたいになってしまうので。


T:だよね。


S:正解みたいになっちゃうというか。


T:正解が公式で出ちゃうみたいなね(笑)。


S:そうなんですよ。出すのも面白いかなとは思うんですけど。


T:・・・聞きたいような、聞きたくないような。・・・ただね、絶対みんな不気味だと思ってるとは思う。


S:んーまあそうかもしれないですね。


T:・・・でも不気味なだけじゃないんだよなぁ。・・・・・・・正解、聞こうかなぁ。


S:正解・・・じゃあどうしようかな、何か最初に、えーっと、こ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・

(機材トラブルにより録音できていなかった。30分程度の空白があり再開) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
T:はい。再び


S:再開ということで。


T:ちょっとね、さっきのとこでいうと、あ、展示の話までとれてた。


S:とれてた?


T:展示の話を始めたら大丈夫。いきなりだけど大丈夫かな?


S:ははは。ええと・・・


T:ああそっか一周始まるとこからか


S:・・・ええと・・・そうですね。・・・どこからですかね。展示の話を2年前ぐらいに・・・そこからした方がいいですか?


T:いいよ。いいよ。


S:じゃ1回忘れて、


T:忘れてできるならお願い。


S:やっぱ難しいかもしれない。


T:難しいでしょう。


S:そうですね、2年前くらいに、岩永さんから連絡きて、スペース作ったから、展示、してみる?って言ってもらって、で、下見に来たら、思ってたよりすごい大きくて、まあ小さい絵とかでいいからっていう感じだったと思うんですけど。でもまああんまり小さい絵とかでやる気はなく、やったんですけど・・・。同じ話するの難しいですね(笑)。


T:いいよ、じゃあしなくても(笑)。文字起こしのときに、思い出して書けばいいだけかもしれない。で、何だっけ、一周。朝から


S:そうですね。夕


T:ああ・・・夜から朝か。


S:夕暮れから、夜明けまでっていう時間軸になってて。それはなんか、元々岩永さんに、2月ぐらいのときにこれでやりますっていう、案みたいなのを送ったと思うんですけど。割とそれをそのまま時間構成自体は引き継いでる、つもりです。その前の案は月の連作を描くつもりだったんですけど、それではないんですけど、そういう感じになってます。「ゆうげ」っていう赤い食卓の絵から、時計回りに進んで、「めざめ」という絵で終わる構成になってて、「ゆうげ」は夕食で、その後、子供が寝て、それが「おしゃぶり」って言う絵で


T:子供・・・


S:子供、子ザルみたいな・・・


T:子供・・・ちょ待って ・・・間が悪いなあ、さっき(写真を)撮ったんだけど。


S:どっか行っちゃいました?


T:車に置いてきた。・・・いや、取ってくる。そのまま、いいよ、喋ってて。(ハウリングの音)あーこれハウってんね。

 

(T退席)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
S:・・・喋ったら独り言みたいになっちゃうな。 


Y:佐世保バーガー食べたんですか?


S:え、佐世保バーガー食べたんですか? 


A:食べてきた。


S:どうでした? 


A:まあ(笑)。


S:はは。何が違うんですか? 


A:うーん?何も違わない気がする。


S:割と普通? 


A:マクドナルドとかとはやっぱ違うけど、なんだろう普通に東京とかでもちょっと手作りのハンバーガーの店とかだったらあるよね。ていうとちょっとひどいけど。でも美味しいものではあるよ。


S:なるほど。佐世保バーガー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( T着席)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
T:はい。


S:はい。


S:・・・ええと、で、子供が先に寝てるっていうのが、それですね、「おしゃぶり」っていう絵で、で、その後、大人が 何か遊んで、晩酌みたいな。それが「よいやみ」っていう絵で、一番、最初に描いた絵がその「よいやみ」っていう絵で。


T:ああ、これからなんだ。


S:それから描いて、ただそのときは全体のテーマとかまでは見えてなくて、漠然とその暗いソファーの絵を描いて、最初は目とかも閉じてて、もう寝てるみたいな、死んでるみたいな感じで描いてたんですけど。で、その次の絵が、「ねしな」っていうサルの、絵で。寝てるサルが


T:これどういう意味なの?(英題「Mirrows in Bedtime」について)


S:直訳にはなってないんですけど、目が鏡みたいになってて、それぞれを映してる絵なので。


T:ミラーっぽいやつなんだ


S:そうですね。それぞれを見てることを意味しています。絵の中で視点が完結する絵を描こうと思って。それ、その次が「かわら」っていうパジャマのサルが川にいる絵で、賽の河原か夢遊病みたいなイメージです。で、次が、「おやすみ」って絵で、もう昼間みたいになってるんですけど、もう全部寝てるみたいな、夢の中で、昼間になって。それで次が「ふくろう」。割と何気なく描いた絵なんですけど、ふくろうの語源が展示のイメージに合うと思って展示に入れました。次が「りんね」っていう絵で、


T:輪廻だったのね。リインカーネーションだからね。


S:そうですね。「りんね」っていう絵で、夢、夢みたいな感じなんですけど。天地はそれなんですけど、どっちでも、上 下どっちでも見れるように描いてて。反転させると骸骨になって、もう片方は生きてる人になる絵です。次が「いぬ」の 絵で、それは、覚醒時の状態、眠りから覚めるとき、の状態みたいな。で、最後が「めざめ」という、子供がひとりで目 覚めてる絵です。


T:・・・・・はい、OK。これはまあね見た人が、考えたらいいよね。


S:そうですね。そうなんですよね。でも自分の中ではそういう感じでそういう意味づけだったていう。

                       (無言48秒)


S:・・・あ・・・すいません、僕が話した方がいいんですか?


T:いや、いいよ。間開いても大丈夫。考えてただけ。・・・・・今の話はそのまま載せていいのかなあって気がしたけど。


S:そのまま。


T:そのまま。

                       (無言13秒)


S:・・・どうしましょう?


T:いや、いいよ。なんか。・・・これもなんかで妙なことなんだけど・・・。あんまり答えのある話じゃないけど・・・


S:・・・はい。


T:・・・・・・今回話書いてないよね?


S:そうですね。


T:でまあ見るとき、その話知らない状態で見るんだけど。それはどうかな?


S:ああ・・・なんか・・・アジワルラのときは、テキストを書いて展示したんですけど、結構見方を限定し ちゃうなっていうのはあって、あと、なんていったらいいんだろう・・・・。簡単に言うとかなり大変。文章を書くのだけでもかなり大変で、多分それをやってると・・・どっちかに集中した方がいいだろうなっていうのは、数年前に思って、 あんまり文章と一緒にっていうふうにはしなくなりました。もうちょっと絵だけでやろうかなみたいな。


T:OK。わかった。いや確かに今の聞いたら、もうほぼそういうふうに見えてきたから。


S:そうなんですよ。


T:言った通りに見えてきたから。やっぱ言った通り見えない状態の方が俺は面白い。


S:だから、何か今回、自分がそういう意味づけでタイトルをつけたんですけど、こういうのもなくていいかなって今回、昨日展示見て思いました。今後は。


T:でも俺は別にタイトル、結構好きだったけど、今聞いて


S:なんか説明までしちゃうと、結構本当に限定されちゃうから、


T:結構そういうふうに見えるなあって。


S:そうですね。それ以上でなくなっちゃう。見え方がそれ以上でなくなっちゃうので


T:それはそうかも。


S:そうなんですよ。実際は自分が作るときも、それ以上の含みとかあるんですけど。


T:あるよね。


S:言語化すると、言語化したことだけになってしまうので。


T:でも不思議なんだけど、不思議でもないのかもしれないけど、今の話を、聞く前の方が今の話が伝わっているような印象を受けた。


S:ほお。その、ん?


T:感覚。


S:あーそうかもしれないですね。自分が思ってるより。


T:何か全くわかんないけど。感覚は聞く前の方が伝わってる気がした。変な話、全くストーリーとかはわかってないんだけど。


S:・・・そうなんですよね。ちょっと難しいな。結構展示構成とかも、自分の中では、スタートの左側、こっち側の「ゆうげ」っていう絵とかからだんだん、赤とか暖色が何かはけてくように作ってて、だんだん青っぽくなるように作ってて。ただ、それを口で説明してもあんま面白くないっていうことですよね。


T:そうなんだよね。


S:多分それは言語化しなくても入ればわかることっていうか、体っていうか目とかが。


T:多分そうだと思う。


S:それを、


T:多分できてるんだと思う。


S:別に説明しないでも。


T:結構できてて、俺は全然ストーリーわかってないけど・・・・わかってないけど、何かわかってたんだろうね。


S:いろいろ学びがありました。語ることによって逆に、わかりづらくしてしまう。わかりづらく?何か良くないなと思ったんです。

 

(T父登場、足音)


T:ああ今録音中だから。うん、はい。ああうちの父。


S:あ、お父さん。・・・・だから語るよりも、多分、言葉で言えることよりも、絵に出てきてることとかもあると思うし。いっぱい。


T:結構できてんだね。


S:そうなんでしょうね。だから、それをもっと大事にして今後はやっていきたいですね。


T:・・・・・・倉田くんの、絵の細かい話もいいけどさ、画像になってるやつと、現物とまた違うでしょ。DMとかもドットになってたりとかしたけど。画像、絵が画像になるやつとかってどんな感じなのかな。結構なんか考えてそうな気がするんだけど。・・・・・あんま考えてない?


S:・・・考えてるけど、うまく言える自信がないですね。・・・絵も画像の一種ではあると思うんですけど、難しいな。でも変わってはいるので。コピー、コピーですらないというか。いわゆる画像になると。全く別のものになっているとは思うんですよ。画像になる場合は。


T:・・・・・・・なんか倉田くんの絵を俺は最初画像でしか見てないせいなのかどうかはわかんないけど、なんか結構ね、画像っぽさというか。絵なんだけど、かなり画像的な印象を受けてるとこある。でも絵なんだけど。質感とかが、ずっと昔からある絵っていう感じの質感とちょっと違う、感じはしたね。


S:なんか、なんだろうな、写真を元にしたりしてるわけではないんですけど、写真的な、光とか、画像的な捉え方みたいなのが、出ちゃってるのかもしれないですね。


T:出ちゃってる、っぽいね。


S:出ちゃってる(笑)。当たり前に出ちゃってる、感じなのかもしれない。


T:ああ多分そうだろうね。なんか俺はそういうのなんか気になる。ああ悪い意味じゃないよ?・・・・・・・・けど手数をすごい減らしてく感覚とか、興味深く、感じるけどなあ。・・・・・・・・・・・もう瞬発的に答えて。答えれるなら答えてほしい、やついってみようかな、じゃ

あ。・・・・・・・・・・じゃもうもう一瞬で答えて。


S:はい。怖いなあ(笑)。


T:答えたくないなら、答えなくてもいいやつだけど。これ感覚で答えてじゃあ。結構気になったやつね、気になったっていうか。まずね倉田くんのやつ。構図、構図の感じすごい感じたから、構図ってどう考えてる?


S:一瞬で?


T:一瞬で答えた方がいいね。


S:・・・あー、大事なものだと思います。


T:大事。


S:大事なものだと思います。構図のことばっかり考えてるかもしれないです。


T:考えてそうな気配感じる。


S:そうですね。・・・構図、大事。


T:構図大事。OK。色彩、どう考えてる?


S:色彩・・・やばいなあ大事しか言えないな。


T:いいよ。全部大事で。大事だけでいいよ(笑)。


S:(笑)。脳が停止してきてる。大事ですね。


T:色彩大事。いきなり赤で始まったりとかさ。


S:なんか、これは今回の展示をやって思ったことなんですけど、最初に赤い絵を見てから、他の続いてく絵を見るのと、最初に何か別の色、見てから見るのもまた違う思って。例えば自分が何か絵描いてるとき、すごい派手な絵、とかを、描いた後に、グレーっぽい絵とかを見ると、結構何も色見えなくなったりするけど、なんだろうな、モノクロっぽい絵、だけ、描いてるときは、かなり、ほぼグレーでも色を感じられるようになるっていうか。そういうのを、特に今回の展示は、かなり狭いレンジ、暗くて鈍い色、だけど、色を感じさせるみたいな要素は、大事にしたつもり。


T:なるほど。OK。


S:OK?


T:いやOKっていうか、俺の中でOKって納得したっていうだけよ。「はい」っていうぐらいの意味しかない(笑)。


S:(笑)。・・・キャンバスの地がちょっと、麻だから黄色っぽい、茶色っぽい、明るい色をしてて、それが上に乗ってくる色によって、結構色を変えるっていうか、その地自体が。例えば何だろうな・・・青っぽいグレーとかを塗るとかなり黄色く、地が見えてきたりとか、逆に、暗い、サルの「かわら」って絵とかはそうですけど、真っ黒になるとかなり明るく光ってるみたいな、色に見えてきたり。うん、周りに来る色、で、結構変わるみたいなのはやってて、面白いっていうか、まぁ当たり前のことなんですけど。


T:いや結構当たり前じゃない気がする。色・・・色・・・色ってね。あるからね、この幅がどんくらい見えてるのかっていう問題もあるでしょ。


S:それはすごい・・・あ!だんだんなんかわかってきた。そうなんですよ。人間は、いわゆる7色とか、あの、何て言うんですかね、色の


T:赤橙黄緑青藍紫(せきとうおうりょくせいらんし)とかレインボーの、赤外線、紫外線みたいなね。


S:で、認識してるけど、実際は光の問題だから、それ以外の色も存在してる。けど知覚できない。それは、どうなってんだろうなっていうのは思いますけど。


T:なるほど。


S:どうなってんだろうなというか、人間の限界という感じがします。その、本当はあるはずの別の色はわからない。少し前は、もっと派手な、全色使ってビビッドな感じで描いてて、それは「アジワルラ」のころとか、その前後はチューブから出したままみたいな絵具で描いてたんですけど、その時期によく思ったのが、一色たりないってよく思って。その赤黄緑青紫もう、もう1個なんか色相がないと、足りないと思って。まあそれはすごい彩度を上げることによってレンジを狭めてたからそう思ったんだとも思うんですけど。


T:なるほど。そうかもしれないね。そこだけでも多分ずっと話せるんだと思う。それは出てるような気がする。確かに派手な色になった方がレンジが狭くなることもあるし、ニュートラルな色の方が、本当はすごい色を発している場合がよくあるから。それを、まあ要はまた、デッサンとかに戻るけど、それを発見する能力とかデッサン力だと思うから。絵を描く能力はもうかなりその辺による、と俺は思ってるけどね。


S:そうですね。


T:OK。じゃあ色彩なんか、そんな感じで考えたり、してて、形、形はさっき聞いた感じはする。なんか動物の話とか。形もどんどん何か出てくる感じして。キャラっぽいのとか。いいやさっき聞いた。さっき聞いたから大丈夫。金色、金色、金色っぽい色出たりしてるような。


S:金色?ありますか?


T:なんか、砂浜のやつとか。金色っぽいとか、は特に考えてない、・・・・・・やつかな?考えてなくてもいいんだけど、俺が金色っぽいのもあるなと思ったりしたから。茶色でもいい。茶色とか。でもちょっと含まれてた気がする。彩度が高くないものも、結構、使ってる。


S:金、金だとは思ってないかもしれない。金という認識ではないですけど、うーん、・・・・・・金?


T:うん、なんか金というか茶色と金色の間みたいな、


S:ああ、でもそれは、それは結構、うーん・・・なんだろうな、土、土ですよね。土の絵具だから。土性系絵具。


T:土の絵具。


S:土の絵具。土の絵具で描いてるっていう。ちょっとうまく言えないなあ・・・・・・・。


T:いいよ。なんか。いいと思うけど。土の絵具使ってる感じ。


S:まあ土なんですよね。イエローオーカーとか、バーントシェンナとか。最近なんか、黒も、どうしようかなと思ってて。


T:黒ね。大変だよね。油絵具だよね?


S:油絵具です。


T:油絵具の黒って大変だと俺は思ってるけど。


S:大変。なんかずっとアイボリーブラックっていう、元々象牙で、今は多分牛豚の骨焼いた、絵具を使ってたんですけど、牛豚の焼いた骨、使ってんだぁみたいな。のも思ってきて。ちょっと黒変えたりとかもして。発色も違うんですけど。結構それも考えますね。あと、豚毛、使ってて、


T:豚毛ね。筆のね。


S:これ豚で擦り付けて描いてるんだよなとか。何かちょっと話しそれちゃいますけど。


T:いやいやそういうの大事。すごく。すごい大事。豚の毛を擦り付けて、豚の骨を焼いたものを・・・


S:擦り付けてるっていうとこもあるよなって思って


T:とか土を擦り付けてたり。


S:ただチューブとか、パッケージングされてるからあんま見えづらくはなってるけど。


T:エレメンタル感があるってことだね。絵の中に。


S:エレメント感もあるし、なんか鮮やかな色って結構ケミカルっていうか。


T:染色が入ってたりとかね。


S:科学的に合成されたもの。使ってるんですけど、使っていいのかなみたいな。


T:いやいい考えしてるなあと思うね。絵具を、使うときに、その


S:ケミカル


T:そういう(笑)。 アクリルとかはやなのかな?


S:アクリルはあまり使ったことないですね。


T:アクリルを使うか使わないか問題ってすごくあるから。


S:使うんですか?


T:絶対使わないけど。問題があるんだよね。


S:あんまり好きじゃないですけど。


T:そういう話もいいかも知れない。もうついてこれないような、マニアックな。


S:まあでもそれがメインではないんですよ。それを言いたくて絵描いてるわけではないですけど、そういうのも要素としては、あって、何だろう。黒でも例えばそのさっき言った動物、動物の骨の黒と、今試してるのは、ランプブラックとか、煤でできてる。油とか、何か燃やしたときの煤。の色も全然違うし、レンジ狭めると、そういうもう作者しかわかんないかもしれないけど、全然色が違くて。


T:いや、全然わかるよ。


S:なんか、それを知覚できるぐらいの、絵であったらいいなとは思うんですけど。


T:多分見えないやつも、というか見えるぐらいだと、あんまり良くないのかなって俺は思ってるから。・・・・・俺はね。思ってる。ていうか、俺は思う。それがない限りはあんま見るに値しないと思ってる。見る必要がなくなっちゃっうというか。ちゃんと見なくても見えてるってことだから、標識みたいなもの、とあんま変わんないっていうか。すごい見ても、見えなかったり、自分が成長したら見えるぐらいの、コントロールとか、まあコントロールっていうか言い方がちょっと難しいけど・・・思います。


S:そうですね。


T:まあでもね、確かにその色、色の、感じは、感じてた。感じてました。OK、じゃあ色絶対長くなっちゃうから。もうやめときましょう。だからそういうのがめっちゃいっぱい入ってるってことだね。


S:そうですね黒以外にもいろいろ


T:あるわけだよね。・・・・・・・これは何か、絵を描こうかなと思ってる人に聞いてほしい。読んでほしい。気がした。


S:みんなで考えたいですね。


T:みんなで考えたらいいよね。色の問題は、人類皆考えた方がいいよね。色幅とか見えてる幅とか可聴、可聴の音の分解のとか、そういうのも成長とか、進化絶対あるからね。突然色が見え始めたりする。耳がすごいよくなってきたりとか。あるんで、絶対。なった方がいいと思う・・まあいいやそれは。・・・・・そしたら・・・ええと・・・・・・そうねえあれも出てたな。・・・・キャンバスすごい荒いよね。なんかね。


S:ああ・・・・あんまり荒いっていう認識は、もうなくなってきてるかもしれない。普通ぐらいの認識になっちゃってるかもしれない。


T:俺が見るものの中ではすごい荒いけど。(笑)


S:そうですよね(笑)


T:最初からなの?何かやっぱり、選んだの?


S:選んで荒い、のが、いいと思ってたんですけど、結構、何種類か試してます。展示の中でも。


T:ああ、この中でもちょっと違うんだ。


S:違いますね・・・。多分何種類あるのかな。4種類は使ってますね。


T:荒い。荒目のものが多いってことだよね?


S:荒目のものが一番多いですね。6枚、6枚は荒いやつで、1個は本当に普通の、一番普通の、市販の白キャンバスみたいなのも1個あって、あとは、すごく逆にきめの細かいのも、赤いやつはすごいきめの細かいやつ。


T:そうだったかもしれない。


S:荒いものがいいと思って使ってるんですけど、最近逆に、細かいのも使ってますね。ちょっと何も語れることはないかもしれない。ちょっと自分も何が変わるんだろうって思ってやっている感じですね。


T:確かに。なんか違うよね。


S:出方は違いますね。


T:見るしかない。本物を。本物見てもらうしかわかんないね。そう、だから画像とかとはやっぱすごく変わってくるよね。


S:そうですね。でも、目の細かいものにしてるってことは、結構画像に近づけようとしてるのかも。


T:ああ、もっと画像になってきたってことか。


S:そうかもしれない。でも、ツルツルに磨く人とかも、いると思うんですけど、そういう、そこまではやる気はないんですよね。全くそのキャンバスの肌理とかを潰してしまうような感じではない。


T:それは感じます。倉田くんの見て。なんかねあの・・・ざらっとしたやつの、感じ、そのままにしたりとか、する、感じ、受けた。


S:なんか、それこそ昔の方がもっと画像っぽかったと思うんですよ。結構ザラザラとか許せなくて、多分岩永さんに会った時期、最初の個展の時期とかは、結構ザラザラ、ザラザラとか駄目でしょって思ってて。


T:ああ駄目なんだ。


S:本当に駄目で。ザラザラとかあと茶色もすごい嫌いで使わなかったんですけど。最近逆にザラザラと茶色ばっか使ってる。


T:真逆になってるのね。茶色はね。すごく難しいよね。


S:そうですね。茶色、茶色も土なんでやっぱり、本当に含みが、あるし、


T:難しいよね。ザラザラも難しいと思うし。


S:ザラザラも、結構面白いですね。奥深いです。ザラザラ。


T:奥深い。ザラザラしてて、茶色で、色もあって、構図も、見る。うーん・・・・・OK。そういうのちょっと聞きたいやつだったから・・・・・。


S:結構いっぱいメモがありますね。


T:今見たので、気になったやつだよ。でもなんかああいいよ、片っ端から聞いてくから。あと、布そのまま見えてたり。


S:側面ですか?ああ、絵の中で。


T:結構気になります。


S:・・・・・・なんですかね。さっきの色の話もそうなんですけど、周りに来る色によって、そこの色が変わったりとか、することもあるし、例えば、あの海の絵のことだと思うんですけど、


T:一番見えてたのはね。


S:一番、人物の像みたいなものが空洞になってるような。そこが一番何もない感じに、したかったんだと思うんですけど、何も描かれてないけど、周りによってその何も描かれてない面が位置を持ってくるというか、絵の中で。そういうのも面白いし、ただ、自分は何か、そんなに頭で考えてはないかもしれないです。もうそういうものだと思ってやっているので、感覚的に当然、当然、ここはキャンバス地みたいな感じになっているのでちょっと説明ができない。


T:いいよ。OK。そしたらもう細かいこといっぱい聞くけど、マスキングとかは使う?使わない?


S:マスキング、今は使わないです。


T:直線のとこも使わない?


S:昔は使ってましたけど。マスキングしてたときは層とか部位によって絵具の質を切り替えて、グネグネしてるのの、後ろに何かストロークがあるみたいな、ことをやってて、それを切り替えるためにやってたんですけど、パッチワークみたいな。それがそんなにいらないかなと思うようになった。からあまり使わなくなった。


T:OK。わかった。・・・・・・・そしたら、もうあと何個かだから、いっぱいあるけど。目、目、目、目のことを聞いても大丈夫ですか?


S:はい大丈夫です。


T:目ってどんな感じですかね?


S:なんか、目、目がない絵をほとんど描いたことがないので。だから、自分にとって何かもう絵を描くのは、割と目があるものを作るみたいなとこがあるかも知れない。・・・一個の生き物みたいな。感じですかね。それ以外の選択肢はほぼないので、目のない絵っていう。


T:目ね。目。・・・・・・でも顔を描くのは、人間の顔を描くのは、大変なんだよね。


S:大変ですね。大変。でもいずれはそのままの、人間、も描けるようになりたいです。だから何か動物を描くみたいに人間、も描きたい。とは思うんですけど。でもなんかやっぱ難しいんですよ。生まれてからずっと自分の顔見てるし、ディテールを知っちゃってるから描けないのかもしれない。あとは顔を描くと、序盤に出てきたゴヤとかベラスケスって、やっぱベラスケス顔みたいなのがあると思うんですよ。ベラスケスが描く人の顔、ゴヤが描く人の顔とか、皆あって。そういうのが出てくるって結局、何か、いいことでもあるし、いいことなのかな?ちょっと気持ち悪いなって今は思ってしまう。多分、本人の顔に似てたりもするだろうし。


T:OK(笑)。いやいや、なるほど、え〜・・・そうか。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・それは面白い。

 

(無言8秒)


S:・・・・・何の、何の間なんですか?これは?


T:いや考えてる。


S:・・・でも本当に何かあの「いぬ」みたいな感じでに人間描けたらなあっていうのは思いますね。


T:「いぬ」、なんか、印象残るね。本当に少ない手数でできてるし。


S:そう、あれでいつか人間が描けたら、相当やな絵ができると思います。でもまだ難しくて、特定の誰かの、顔になっちゃって。もしそれができたら、きっと面白いと思う。人間以外の動物でもいいし、あるいは宇宙人でも、仮に、ですけど。が人間っていうものを、描いたり、した場合に、どういうのを描くのか。というのは結構気になってて。あの「いぬ」って何の犬種もイメージしてないし、オス、メスもイメージしてないし、漠然とイヌなわけですよ。そういうふうに人間を描きたい。人種とかいっぱいいるし、年齢もいっぱいあるし、性別のまああるし、そういうのを全部、全部、すごい遠くから見て描く人間を、いつか描きたい。できるかなあって、感じです。今はちょっと難しいけど。

 

(無言11秒)


S:・・・・この沈黙がちょっと、耐えがたいものがあるんですけど(笑)。


T:そうかな、俺は全然。イキイキしてるんだけど(笑)。


S:イキイキしてる(笑)。なんか言って欲しい(笑)。


T:結構俺イキイキしてるけど。


S:そうですか。


T:・・・・・・もっかいトイレ行ってきていいかな?


S:いいですよ。


T:そしてこれでもうあれだから。(ノイズ)俺全然イキイキ、してるけどなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(T退席)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Y: (聞き取れない声)


S:ん?あー大丈夫かな、消えないかな・・・?

A:(聞き取れない声)


S:あー、なんか普通の会話だったら多分気に入らないでしょうけど、インタビューだと相手が話さないってことは自分が話さないといけないから。

A:(笑)。


S:・・・私も休憩してきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(S・Y退席)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(T着席)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

(Aとの会話)


T:もうちょっとだね。2時間。


A:いや勉強になるよ。


T:勉強になった?どれのことが?絵のことが? 


A:絵のこともそうだけど、あのタイトルの


T:付け方とか。 


A:作品にまつわる予備情報が、作品を鑑賞する上でノイズになるっていうことが、音楽とかだったら、タイトルもそうだし、レコードのジャケットのデザインとか、誰々が批評してたとか(聞き取れない)。あと謎の。謎についてとか。


T:謎のくだりはね、撮れてないからね。 


A:え?


T:謎のくだりは取れてないからなあって。切れる前に喋ってたやつでしょ?ああ、取れてんのかな? 


A:謎は謎のままにとか。


T:その辺は取れてると思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(S着席)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


S:戻りました。


T:よし。あと一息。じゃあ締めだから、相当ロングインタビューだったからね。


S:質問、1問1答にはなってないんですけど、それやりやすいかもしれない。聞いてもらって答える方が。


T:俺あんま難しいなと思いながらやってた。つまらない質問になるなと思って。でも、つまんないのをわざと、なった方がいいとやってた。でもよかったよ。俺はいいと思う。瞬発的に答えたら。で、どこまでいってたっけ。顔とか目とかのやつか。


S:目の話です。


T:まあね、目がなんか目とか顔とか。目とか顔とか動物とか


S:・・なんか最近、自分は結構、ものをストレートに描いてるんで、それが何視点なのかなというのがすごい思っていて。


T:どっから何を見てるのかってこと?


S:そうですね、一人称なのかとか。


T:ああ、そうそう。それ気になってた。


S:それは最近意識に上ってきたことで、、考えるようになりました。人称。絵画の人称。


T:・・・・なんていうかね、俺もあんまわかんないけど、人称ね、人称もだし・・・・・・・・・俺なりに、わかんないまま、わかんないまま、よくわかんないまま、なんとなく喋ると、例えば何か昔の絵の顔とか、漫画のキャラの、描き方とか、子供が描く丸の中に目と口だけ描くとか、まあいろいろあると思うんだけど。昔の、絵みたいな。古い、クラシックな絵の描き方、ダビンチみたいな、ミケランジェロみたいな描き方とか色々あるじゃない、 レンブランドみたいな、描き方とか。で、漫画とか日本画みたいなとかもいろいろあると思うんだけど、顔、顔らしく見えてなおかつ、いいんじゃないっていう感じに見える描き方。最近漫画とかアニメの描き方みたいなもんがあったりして、まあ写真をそのまま置き換えるような描き方もあるかもしれないけど、なんか倉田くんのキャラ感みたいなやつが、なんつうのかな、どこ由来かっていうのがね、あんまり、よくわかんないなっていうのは、別に答えなくていいんだけど、その由来があんまり、よくわかんないキャラ感だなっていうのは、今ちょっと考えてたら思ってきたかな。まあ最初から印象としてぼやっとあったけど。なんか、あんま似てない。キャラって多分似てるってことだと思うんだけど、キャラなんだけど何か似てない感じは思ってんのかもしれない。うん。ただ俺は思っただけだけど。


S:ああでもそれはすごい。興味持ってることですけどね。


T:そうなのね。でも喋らなくていいけどね。


S:喋んなくていいんですか?


T:いやいや、喋りたかったらいいけど、そのままでもいい気もしてて、キャラっぽいんだけど、昔の絵っぽくもないし、漫画とかアニメっぽくもなくて、なんかね、でも、確実に不快感とか、そういうやな気持ちとか受ける人もいるだろうし、かわいい・・・かわいいっちゃかわいいんだよな。かわいいっちゃかわいい。でも怖かったりもするんだけど。しかしそういう古いやつ好きだったりとかもしてるわけで。だからといって古いやつの絵柄じゃないし、ああ、そうだね、絵柄?簡単に言ったら、絵柄。絵柄が何て言うか、そういうことです。


S:多分、どうなんだろ、いろんな何か今まであった図像とか、それこそすごい古い絵と、今ある写真とか、アニメとか、ゲームのグラフィックでもいいんですけど、そういうのの、要素っていうか、1部ずつを使ってるみたいな感じかもしれないです、絵によっても違うんですけど。どれか、どれベースっていう感じじゃなくて。


T:そういう感じなんだね。それがわかんないんだよね。使ってるっていうのがわかるものは、まあよくあると思うから。拝借してる感じが、普通に出ちゃってるやつは普通にわかるし、よくあると思うから。倉田くんは、使ってんのか、使ってないのか、もうわかんないなとは思うね。


S:明確にこれをこう使ったみたいなのはなくて、漠然とこの構造、漠然とある古典絵画の構造とか、漠然とあるアニメーションの表象の仕方とか、いう気持ちで。逆にそうなっちゃ駄目だと。


T:持ってきた感じそのままとか?


S:例えばアニメーションを、援用して、流用して作ってる絵にはしたくないんですよ。アプロプリエーションではないというか。


T:アプロプリエーションってなに?


S:何かそういう様式があって、わかりやすく引用した作品、は好きじゃない。です。


T:好きじゃない。


S:好きじゃない。


T:いいと思う。好きじゃなくて。・・・・・・OK。じゃあ、・・・いや、「好きじゃない」で終わるのはよくないね(笑)


S:しかもそれが締めみたいになっちゃう(笑)。「アプロプリケーションは好きじゃない」で終わるっていう(笑)。


T:それで終わるのはよくないから(笑)そうか。・・・・・でもね、難しいちょっと。


S:何がですか?


T:いやわからない俺も。何かちょっと難しい気持ちになってる。


S:ああでも多分僕はさっき難しい気持ちになってました(笑)。


T:どれのとき?


S:いやどこってわけじゃないんですけど、岩永さんがイキイキしてるときに難しい気持ちになってた(笑)。今逆にイキイキしてるかも知れないです。何かこれを文字起こしするのがすごい楽しみになってきました。


T:それは俺も楽しいよ(笑)。いや多分面白い内容だと思う。・・・・・・・OK。じゃあOK。絵の話最後さ、DMにもなってる「りんね」のやつをちょっと話して終わろうか。


S:ああ〜・・・ちょっと、難しいかもしれない。


T:それは難しいわけね(笑)


S:それは難しいかもしれない(笑)あんまり、良くない感じです。良くない。話してまとまる感じじゃないかもしれない。


T:OK。じゃ話さないでおこう。うん、それでいいんじゃないかな。「りんね」の話は話してもまとまらなそう。じゃあそれで終わろう。


S:それで終わりますか。


T:絵の話はね。・・・・OK。


S:OK。


T:じゃあインタビュー、これでいいかな。


S:はい。


T:最後に、1個、締めに、もし、あれば、なんだけど、倉田くんの、知ってる怪談話を一個。


S:怪談話。


T:倉田くんの知ってるものでいい。体験談でもいい。ないならないでもいい。


S:・・・ないですね。


T:OK。大丈夫大丈夫(笑)。いいよ、ないで。


S:ないですね。


T:OKじゃ、これで。


S:これで。


T:終わります。


S:もうこれが怪談みたいな感じかもしれない。ないって言っちゃうっていう。


T:いいです。


S:いいです。


T:いいです。


S:はい。


T:はい。 


2021年8月22日

ねれなそうですごくねたそう。

はやく安心したそう。

質感しかない。

その質感にまだなまえがない。

イナギベジェフコノモフスキ 

+ −